FC2ブログ

人生の敗者の徒然なる写真な日々 

人生の敗者を悟った自分が趣味(鉄道 車 食い物 犬 その他)で撮った写真です。愚作なモノばかりなんで適当な時に見て頂ければ幸いです。

岳南富士

_DSC5570_20190510234159e01.jpg

駅名に偽りなし
スポンサーサイト
  1. 2019/05/11(土) 23:50:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今宵の指導役

_DSC3538.jpg

今宵の指導役は、ゴハチにやロクマルも運転出来るベテラン運転士さん

ELに乗務するのもあと残り数回

また田町からベテランが去っていく…
  1. 2019/03/25(月) 23:50:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秒間停車

_DSC3146_20190205144905d29.jpg

いきなり現れ30秒で去って行く…
  1. 2019/02/15(金) 12:50:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見守り

_DSC4193.jpg

お弟子さんのきびきびした動作を、まもなく引退されるお師匠さんが見守ります。
  1. 2019/02/06(水) 23:50:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

既に親しい友人とお世話になっている諸先輩方には連絡しましたが、先月17日 母が肺腺癌との闘病の末に亡くなりました。

2016年5月にステージ4Aと言う末期癌であることが判明してから1年9ヶ月、自分の体の現状と余命期間を考えながら、転移に対して放射線と化学療法の抗がん剤治療に果敢に挑みましたが、肺癌特有の抗がん剤に対して癌の遺伝子が変異して、耐性を持ってしまう難治性癌の為に、なかなか長期的に効果のある治療が出来ずそうこうしている内に原発から痛みで運動しなくなり、筋力の低下 脳転移に対しての放射線治療での副作用による、記憶力/認識力の低下が進む状態で、昨夏 原発巣を抑えるべく"ドタトキセル"と言う抗がん剤を使う化学療法を行ったのですが、副作用で食欲不振もあり1週間寝たきりになりその結果、筋力の大幅な低下で歩行が困難になり、1クール3回投与して原発巣に対して効果があるかを判定する治療でしたが、これ以上投与すれば母の体力が持たないと思い、母ともよく話した上で治療をここで止めれば、早晩"死"を迎える可能性があると説明した上で治療を中止する決断をしました。

その時点で、余命は早くて3ヶ月 長くて6ヶ月と告知され、母にもその事実を伝えました。
母も「治らないのにお金をかけて治療しても、それは家族が単に"してあげた"と言う満足を得るだけのことだから、私はそこまで治療しなくてもいい」と言っていたこともあって、母も納得した上で看取りの病院へと転院することになりました。

転院先では、リハビリを行ってもらったこともあって、11月中頃までは車椅子での生活でしたが本当に元気だったのですが、リハビリが中止になって1週間程で急速に体調が状態が悪化し、筋力の大幅な低下により自分で食べ物が食べれなくなり、やがて車椅子に乗って移動することも困難となり、寝た切りへ…
階段を転げ落ちるとはこのとこかと思う位に、一気に末期症状へ

最後は肺に水が溜まったことで、呼吸も困難となり 痰も切れず、正直 見ていて早く逝かせてあげた方がいいのでは!?なんて思った程でした。

治療を止めて、余命の宣告を受けた段階で母の生きた(闘病)の証を撮ろうと臨終まで写真を撮らせてほしいと母に伝えて記録することにしました。


_DSC3734.jpg

病院で迎えた最後の誕生日 母自身は、来年も誕生日を自宅で迎える気でいたと思います…
_DSC7010.jpg

母の勤務先のイタリアンレストランで母のことを慕ってくれていた、シェフが料理修行先のイタリアから一時帰国してお見舞いに来て頂き、来年(2019年)2月にまた帰国するから待っていてねと話している時の1枚 願いは通じませんでしたが…
_DSC7067.jpg


_DSC7132_20190201222323ba1.jpg

母を慕ってくれていた、かつての同僚の方々も葬儀に来てくれしまた。
_DSC3758.jpg

最初は火葬場まで撮影するつもりだったのですが、最近の火葬場は炉前はもとより収骨室も撮影禁止で最後の最後は撮影出来ず終わりました。

担当医師に治療中止を申し入れた際に、この選択には恐らく正解はありませんと言われましたが、今もあのまま完全に寝たきりになってもいいから、治療を続けるべきであったのか、自問自答する日々が続いてます。

"もし"たら"と言うことはないにしても、その"if"を選択することで無事に新年を迎えることが出来たのではなんて思ったりすることもあるのですが、"母らしく死を迎えさせてあげたい"と思いは、寝たきりで覚醒することなく"死"を迎えることが果たして"母らしい死"だったのかは、こちらも答えが未だ出ません。

ともあれ母上、77年と4ヶ月 お疲れ様でした…

最後まで親不孝者で申し訳ありません…
  1. 2019/02/04(月) 23:50:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

otikobore501

Author:otikobore501
鉄道写真等を中心に日々の生活で感じる「いいな!」と思う光景や身近で適当なスナップを織り交ぜてます。

毎日更新は終了、気の向くままに更新します。気長に見て下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
ぐるぐる (22)
犬 (139)
車 (15)
鉄道 EF65501号機 (322)
鉄道  現在 (518)
鉄道 過去モノ (128)
スナップ (460)
空 (42)
猫 (39)
紙焼きの記憶… (18)
勝手にコラボ (15)
食べ物 (11)
ポジの記憶 (19)
夜な夜な (36)
ロクマル (83)
ロクヨン (355)
ローピン (37)
ゴハチ (18)
煙 (5)
PF (77)
Mzc (5)
凸 (9)
でーはー機関車 (0)
虹機関車 (10)
Model (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR